" /> 東松山の焼き鳥味噌ダレがおいしい店は?【焼き鳥マップ】とレシピ | あそれねブログ

東松山の焼き鳥味噌ダレがおいしい店は?【焼き鳥マップ】とレシピ

埼玉県東松山市で「焼き鳥」といえば、実は焼きトン!そう、鶏肉ではなく、豚肉なんです!東松山では豚のカシラを炭火で焼き、辛味噌をつけていただくのが主流なんです。

仕事で東松山に行ったとき、タクシーに運転手さんが教えてくれました。焼き鳥屋さんは数多くあるけれど、店ごとに味の違う辛味噌が特徴なんだとか。そこで、今回は東松山の焼き鳥の食べ方やそれぞれのお店の特徴などをお伝えします。

Sponsored Link

東松山の焼き鳥、実は焼きトン!

やきとり(やきとん)

埼玉県東松山市では、鶏肉ではなく豚肉を串にさし、炭火でじっくり焼いたものを「やきとり」といいます。特にかしら肉(ブタのほほとこめかみの部分)を使用したものが主流です。

昭和30年代、食肉センターでは利用価値が低いとされていたブタのカシラ肉に着目し、辛味噌のたれを用いてやきとり風に調理したのがはじまりとされます。辛味噌の風味は東松山独特の味とされ、広く人気を得ています。

現在も東松山市内の軒先では、「やきとり」の文字が多く見られ、国内初のやきとり組合も存在し、品質の向上を図っています。

※農林水産省選定 「日本の料理百選」から引用

東松山の焼き鳥は各店千差万別

焼き鳥(焼きトン)の特徴

炭火で焼くので香りもよく、カシラの質と焼き加減に個性が出ます。味わいがお店によって様々なので食べ比べてみても楽しいでしょうね。肝心の辛味噌にはどの店もかなりこだわっています。そして肉の間にネギが入ったネギマが標準です。

東松山焼き鳥の人気店【マップ】

・ばんばん 東武東上線東松山駅前にあり、店構えが目立ちます。辛味噌は黒味       噌、とうがらし、にんにくを程よく調合。味も知名度も一番とも。

・ひびき 
 肉の焼き加減がさすが!と高評価。


・桂馬 
  肉がジューシー。脂身が適度にあり、あまくておいしい。味噌の辛み、にんにくの調合がちょうどよい。


・大松屋
  ガッツリした大きな肉、初代店主が朝鮮系の方でコチュジャンを使った味付けでヒット。


・若松屋 
 肉が新鮮で、焼き加減、塩加減がちょうどよい。

★食べログから抜粋した口コミです。あくまでも個人的な感想です。

他にも定評のある焼き鳥店がたくさんあります。訪れたい方はマップを参考にしてくださいね。

ソース画像を表示

 

 

東松山の焼き鳥の味噌ダレをつくる!レシピ

お店に行けば焼き鳥を焼いている音や香りも楽しめ、味わうこともできますが、今はなかなか行けませんよね。そこで、ご家庭で手作り味噌ダレを作ってみませんか?作り方は至って簡単です。

レシピをご紹介します。

カシラの肉が手に入らない場合は、カレー用に売られいる角切りの豚肉で代用できるんですね。それなら手軽に購入できますね。おうち時間に是非作ってみてください。

Sponsored Link

まとめ

東松山の焼き鳥は、実は焼きトン(豚肉)です。カシラとネギの串が標準で、たくさんの焼き鳥店が焼き方や味噌ダレにこだわっていて個性的です。また、どのお店も安価で提供してくれています。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました