" /> ちむどんどん黒島結菜演技は下手上手?口コミ評価まとめ | あそれねブログ

ちむどんどん黒島結菜演技は下手上手?口コミ評価まとめ

Sponsored Link
人物

 

NHKテレビ『ちむどんどん』でヒロインを演じている黒島結菜さんは、女優として約10年のキャリアがあります。

連日「ちむどんどん反省会」がネット上で盛り上がっていますが、黒島結菜さんの演技や世間の評価口コミなどが気になります。

こちらでは、黒島結菜さんの

  • 演技は下手?上手?演技力について
  • 口コミ「評価
  • なぜ下手と言われてしまうのか

がわかります。

Sponsored Link
スポンサーリンク

ちむどんどん黒島結菜は演技が下手上手?

ちむどんどんで黒島結菜さんは、忖度しない、天真爛漫な女性を演じています。暢子は親友(愛:飯豊まりえ)の彼氏(和彦:宮沢氷魚)への思いを親友に激白したり、結婚に反対している和彦の母(重子:鈴木保奈美)に認めてもらいたいがために毎日一方的に手作りのお弁当を届けたり。

やりたいことをやる!いう小学生の頃から変わらない生き方に「いい加減大人になれば?」との批判を受けていますね。

さて、ちむどんどんは脚本が酷いと言われていますが、黒島結菜さんの演技は一体どのような評価を得ているのでしょうか。

SNSの反応を探ってみました。

黒島結菜女優としてどう?ネットの書き込み

料理人らしく見せる演技指導や、箸の持ち方の指導をとことんしてから撮影してほしかったと思いますね。

 

黒島結菜さんセリフが棒読み、声が大きいだけ、表情がない、などの酷評が止まりません。「目が死んでる」といった声も聞こえます。

ただ、世間の評価を気にするあまり、演技が相当辛いのかもしれません。

もしかしたら、黒島結菜さん自身が脚本について疑問を持っているとか、そのせいで演技に身が入らないとか、「私なら暢子がしているような酷いことはできない」などと感じているのかもしれません。

素の黒島結菜さんは保護犬2匹を引き取って育てているエピソードからも分かるように心優しい方なので、暢子の奔放さとご自身の思いとのギャップに悩んでいるのかもしれまん。

紅白歌合戦ゲスト出演はどうなる?

朝ドラといえば、新人女優のいわば登竜門でした。キラキラ輝くヒロインに共感し、世間で評価され、年末の紅白歌合戦ではゲストとして重宝がられ、ドラマ放送時のエピソードを披露すれば視聴者はまた喜ぶ、といった図式がありました。

今年の紅白歌合戦も例年のようになるでしょうか?疑問です。

黒島結菜さんのみならず、宮沢氷魚さんまで嫌いになりそう、との声がありますし、脚本家羽原さんへの悪評、ひいてはNHKにも批難の声が上がっています。

紅白歌合戦で、ちむどんどんの出演者が”にこにこ”とゲスト席に座る姿を想像しにくいというのが正直なところです。

黒島結菜さんの演技力を考察

黒島結菜さんは、もともと演技を勉強していたわけではありません。芸能界に憧れてデビューしたというわけでもありません。

中学3年生のときに受けた『ウィルコム沖縄』のイメージガールコンテスト特別賞受賞がきっかけで、芸能界入りしました。

沖縄のイメージ通りの健康的で、溌剌とした雰囲気に端正な顔立ちが印象的な方です。

そのイメージに合った『陽』を感じさせる役どころが多いのですが、今後作品によっては、クールでシリアスな役、ずる賢い役、三枚目の役などを演じる機会があれば、これまでになかった黒島結菜さんの魅力となるのかもしれません。

そして、その演技が評価されれば、視聴者の見方も変わってくるかもしれません。

ちむどんどんの暢子が嫌われるのであれば、ある意味で演技がうまい証拠とも言えるでしょう。

脚本家や製作者の思惑通りに演じていると考えることはできないでしょうか。(制作側がそのような意図であれば、の話ですが)

 

実際、黒島結菜さんは2019年公開の映画『カツベン!』で、第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど、演技の評価は高いのです。

2017年放送のラブコメドラマ『アシガール』では、戦国時代にタイムスリップしたピュアでけなげな主人公・女子高生役で好演しています。

 

あわせて読みたい!黒島結菜平野紫耀をロックオン?共演者キラーと呼ばれる理由

黒島結菜プロフィール経歴

NHKは黒島結菜さんが好き

母の勧めで応募したウィルコム沖縄のイメージガールコンテストで特別賞「沖縄美少女図鑑賞」を受賞(モデルとして同誌に出演)。

ソニー・ミュージックアーティスツの目に留まり、同事務所に所属して芸能界入り。

翌2012年より本格的に芸能活動を開始し、4月からNHK Eテレの教養バラエティ番組『テストの花道』に「マッシュ」のニックネームでレギュラー出演。

翌2013年1月公開の沖縄復帰40周年記念作品『ひまわり〜沖縄は忘れない あの日の空を〜』で映画に初出演する

同年11月より放送されたNTTドコモ「docomo LTE Xi」のCM「想いをつなぐネットワーク」篇に出演し、なかなか現れない彼を待つけなげな少女を台詞なしで表情と仕草のみで繊細に演じて、脚光を浴びる

2014年12月には成海璃子に代わりクラレ「ミラバケッソ」のCMに出演、2015年3月には能年玲奈の後を継いで「カルピスウォーター」のCMキャラクターに起用されるなど、さまざまなジャンルのCMに出演する一方で、女優活動も本格化

2014年7月期の『アオイホノオ』(テレビ東京)で連続ドラマに初出演。同年後期のNHK連続テレビ小説『マッサン』で朝ドラに初出演。小関裕太とダブル主演を務めた2015年3月公開の『あしたになれば。』で映画初主演を果たす

当初は沖縄の実家で生活し地元の高校に通いながら東京との間を往復し、仕事の時は東京の短期賃貸マンションに滞在する生活を続けていたが、少しずつ仕事が多忙になったことから2014年9月に上京し東京の高校に転校。2015年3月に高校を卒業し、女優業に専念することも考えたが、「芸能界とは違う世界も知った方がいいよ」とのアドバイスを受けて同年4月より大学に進学。写真に興味を持ち、日本大学芸術学部写真学科にてさまざまな撮影技法を学ぶ

2015年4月、NHK大河ドラマ初出演となる『花燃ゆ』で時代劇に初挑戦。高杉晋作の妻・雅役を演じた。同年8月にスペシャルドラマ『戦後70年 一番電車が走った』(NHK)でテレビドラマ初主演を務め、また『虹とマーブル』で初舞台に立ちヒロインを演じる。2016年7月期の『時をかける少女』(日本テレビ)で連続ドラマ初主演を務める。主演を務めた2017年10月期の『アシガール』は大きな反響を呼び、翌2018年に続編スペシャルが放送された

仕事が順調な一方で、学業との両立に向けて精一杯努力しているにも関わらずスケジュールの都合で試験が受けられないなど、学業が中途半端になるくらいならと一時芸能界引退も考えるほど仕事と学業との両立に葛藤し、「写真は独学でも続けられる」と意を決して大学を辞め、2019年からは女優業に専念している

2019年、NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』に出演し、周防正行監督の5年ぶりの新作映画『カツベン!』にて100人以上が参加したオーディションを勝ち抜いて得たヒロイン役を演じて、第43回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。また、同年度後期のNHK連続テレビ小説『スカーレット』に戸田恵梨香演じるヒロインの弟子役で出演。

2014年から2022年までの8年間に、計11作品のNHKドラマに出演した経験を持つ。

※ウィキペディアから引用(一部割愛)

黒島結菜多忙すぎる?

黒島結菜さんが多忙すぎて、疲れている、演技にじっくり取り組めていないのでは、と援護する声もあります。

確かに、先だってお付き合いされていた高良健吾さんと決別した理由も、お互い忙しすぎてすれ違いが生じたというようなことでした。真偽はわかりませんが、忙しいことは間違いなさそうです。

ちむどんどんのクランクアップ後はすぐに、新ドラマ『クロサギ』の撮影が予定されています。このドラマは、以前山下智久さんと引退された堀北真希さんが出演する詐欺師が詐欺師を騙すことがテーマのドラマです。

ちむどんどんとは違った趣向のドラマで、黒島結菜さんの役どころや演技が気になります。こちらはKing&princeの平野紫耀さんと共演ということでも話題になっていますから、要チェックですね^^

Sponsored Link

ちむどんどん黒島結菜演技は下手上手?口コミ評価まとめ

ちむどんどん黒島結菜さんの演技に関する口コミや評価を取り上げました。

黒島結菜さんの演技力が下手なのか上手なのか、様々な見方があるようですが、ちむどんどんでは黒島結菜さんの魅力が上手く引き出されていないことは確かです。

今後どのような女優になっていくのか、見守って行きたいと思います。

\ちむどんどんをU-NEXTで無料で見る/

見逃した動画配信を31日間無料で見放題!

 

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました