" /> タイタニック号生存者数は?どこに沈んでる?引き上げられない理由とは | あそれねブログ

タイタニック号生存者数は?どこに沈んでる?引き上げられない理由とは

5/7 金曜ロードショーの『タイタニック』は主演のレオナルド・デュカプリオの精悍さが際立ち、かっこよかったですね!
画家を目指す奔放な青年ジャックと上流階級の娘ローズが、船上で運命的な出会いを果たし、身分の差を超え、次第に惹かれ合う。けれどもそんな甘い時間もつかの間、タイタニック号に沈没の危機が訪れることに。恋に落ちた2人を襲う、あまりにも切ない悲劇。映画史に残る永遠のラブストリーですね。

さて、映画『タイタニック』では沈んでいく船から脱出する人々の鬼気迫った姿や本来の人間性のようなものが描かれていて、なんともやりきれない思いがしました。実際に、タイタニック号沈没事故の生存者数はどれほどだったのでしょうか。

Sponsored Link

タイタニック号沈没事故とは

タイタニック号沈没事故(タイタニックごうちんぼつじこ)とは、1912年4月14日の夜から4月15日の朝にかけて、イギリスサウサンプトンからアメリカ合衆国ニューヨーク行きの航海中の4日目に、北大西洋で起きた海難事故である。

当時世界最大の客船であったタイタニックは、1912年4月14日の23時40分(事故現場時間)に氷山に衝突した時には2,224人を乗せていた。事故発生から2時間40分後の翌4月15日の2時20分に沈没し、1,513人が亡くなった。これは1912年当時、海難事故の最大死者数であった[1]
※Wikipediaからの引用

タイタニック号生存者数

こちらについてもWikipediaから詳しい情報を引用しています。

犠牲者と生存者
内訳
出航直前の乗船キャンセルによって乗客リストが混乱していることや、様々な理由により偽名を使って乗船した人が犠牲者リストに重複して数えられていることなど、いくつかの要因のため沈没による被害者数は正確にはわかっていない。死者数は1,490人から1,635人と見積もられている。下表の数字は、この災害についてイギリス商務省が報告したものである。

分類  搭乗者種別 搭乗者数  生存者数 犠牲者数  
子供  一等船客     6      5    1 
   二等船客    24    24    0  
   三等船客    79    27    52
計          109        56    53 

女性    一等船客   144    140     4 
   二等船客    93    80   13 
   三等船客    165    76    89 
        クルー             23        20          3 
計                         425      316      109 

男性  一等船客        175        57       118 
       二等船客         168        14       154 
       三等船客         462        75       387 
      クルー             885      192       693
計                      1,690      338    1,352 

合計                   2,224      710    1,514 

三等船客で生き残った人は半数以下だった。沈没から生き延びた人の中にも、事故後すぐに亡くなった人もいる。怪我や寒さなどに晒されたことで、カルパチア号に乗った後に亡くなった人々もいた 。表に示されたグループのうち、49%の子供と26%の女性乗客、82%の男性乗客、78%のクルーが亡くなった。統計では、タイタニック号の乗客の生存率には船客等級によってはっきりとした差があり、特に女性と子供の乗客では顕著であった。一等船客と二等船客の女性の行方不明者は10%以下であったが、三等船客で亡くなった人は54%である。

同様に、一等船客の子供6人のうちの5人と、二等船客の子供全員は生き残った。だが、三等船客の子供は79人中52人が亡くなった。唯一亡くなった一等船室の子供は、2歳のローレン・アリソンである。

最も死亡率が高かったのは二等船客の男性で、92%の人が亡くなった。また、乗せられたペットのうち3匹だけが沈没から生き残った。

生存者の特定

保護者のいない状態で救助されたミシェル・ナヴラティルと弟エドモンの兄弟は幼く、また英語を話せなかったため「タイタニックの孤児」(Titanic Orphans)と大きく報じられた。その後、報道を見た母親と再会を果たし、身元が特定された。

犠牲者の特定

事故後、マッケイ=ベネット号(en:CS Mackay-Bennett)による遺体収容が行われ、カナダのハリファックスに多数の身元不明の遺体が回収、埋葬されている。身元の特定は21世紀を迎えて以降も継続されている。

近年では身元不明の遺体の「NO.4」がエイノ・パヌラと特定されたものの、後の再鑑定でシドニー・レスリー・グッドウィンと訂正された。

最後の生存者たち

2009年5月31日、ミルヴィナ・ディーン(事故当時:生後9週間)が97歳で死去したため、事故の生存者全員が故人となった。事故の記憶のある最後の生存者はリリアン・アスプランド(事故当時:5歳)で、2006年に死去している。

タイタニック号はどこに沈んでいるのか

おおまかな座標で言えば、北緯41度、西経49度。カナダ、ニューファンドランド島のセント・ジョーンズ港の南方約600kmの海域です。ニューファンドランド沖は急に深くなっていて、水深約3,700mの深海に沈んでいます。

タイタニック号が引き上げられない理由

科学者たちは、金属を食べるバクテリアによって船体は2030年までにすべて消滅する可能性があると見ている。

 

2019年8月の調査で撮影されたタイタニック号の船首。
2019年8月の調査で撮影されたタイタニック号の船首。

深海の海流や塩水による腐食、金属を食べるバクテリアが、3000m以上の深さに沈んでいる船体を少しずつ削っている。

2003年、タイタニック号の左舷のアンカーの下についたラスティクル。
2003年、タイタニック号の左舷のアンカーの下についたラスティクル。

鉄を好物とするバクテリアが沈んだ船の鉄を食べると、つららに似た形が船に形成される。錆びた色合いのそのつららは、ラスティクルと呼ばれる。

タイタニック号の崩スピードが増していると言われています。さらに、タイタニック号の消滅まであと30年くらいだろうと予測されています。

引き上げるのは多大な費用と技術が必要で、その技術がないと言われています。また、これだけ腐食が進んでいることから、そのままの形を維持して引き上げることは困難だと言われています。

Sponsored Link

まとめ

海難事故最大の犠牲者を出したタイタニック号の沈没で幸いにも生存した人の数は、710人と言われていますが、乗船しなかった人などの正確な数が不明なので、多少の齟齬があると思われます。

タイタニック号はおおまかな座標で言えば、北緯41度、西経49度。カナダ、ニューファンドランド島のセント・ジョーンズ港の南方約600kmの海域、水深約3,700mの深海に沈んでいます。

タイタニック号が引き上げられない理由は、多大な費用と技術不足によるもので、たとえ引き上げようと試みたところで、船体がそのままの状態で引き上げられることは不可能と言われています。

この災害は、救命ボートの数、緩い規則、旅客の等級によって異なる避難時の対応など、ずさんな危機管理体制が多くの人の義憤を引き起こした。この事故をきっかけとして救助のあり方が見直され、1914年に海上における人命の安全のための国際条約(SOLAS)が作られた。これは今も海の安全を守っている。※Wikipediaから引用

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました