" /> 佐藤健イケメン病(肺気胸)死亡率は?手術方法と治し方、再発を調査 | あそれねブログ

佐藤健イケメン病(肺気胸)死亡率は?手術方法と治し方、再発を調査

ライフ

4/20(火)21:00~21:54 日本テレビ放送
『ザ!世界仰天ニュース佐藤健がイケメン病?ウソみたいな本当&超危険!2時間SP』

今回番組の中で気になった、佐藤健も恐怖に怯えた肺の病気=肺気胸について、調査しました!

イケメン病(肺気胸)は死亡に至る病気なのか、再発や手術の方法、治し方などをわかりやすくお伝えします。

Sponsored Link

イケメン病(肺気胸)とはどんな病気なのか

イケメン病とは俗称です。正式には、「肺気胸はいききょう」といいます。「イケメン病」と言われる所以は、発症する年代が10代から30代の、長身で細身の体型の男性に多いからです。

活動を休止している嵐のメンバー、相場雅紀が以前、胸痛、呼吸困難などで緊急入院、大騒ぎとなったことがありました。診断された病名は、『肺気胸(はいききょう)』という耳慣れないものでした。

肺は風船のように空気で膨らんでいる臓器です。その肺が何らかの原因で破れて、しぼんでしまう病気が「気胸」です。

無症状から、呼吸困難が急激に進行し救急搬送が必要なものまで、病状はさまざま。

原因もさまざまで、交通事故・転落事故などによる外傷性の場合や、女性では月経に伴って起こるものもありますが、多くは「自然気胸」と呼ばれるものです。

気胸は、それ自体で命を落とすことは稀な病気です。けれども、漏れ出た空気が心臓やもう一つの肺を圧迫すれば、胸痛などのほか不整脈、血圧低下なども引き起こし、死に至ることもある危険な疾患です。

>身長の伸びる速さと肺の成長が釣り合わず、肺が正常よりも引き延ばされた状態になることで生じるとされています。現時点でははっきりとしたメカニズムはわかっていません。運動や仕事などで力を入れたときに肺が破れることもあります。ほとんどの場合、突然、胸の痛みや息苦しさを感じます。症状がなく偶然胸部X線検査をして気胸が見つかることもあります。    一宮病院ホームページから引用

イケメン病(肺気胸)の有効な手術方法、治し方

治療法は経過を見ながら段階的に進めるのが一般的です。

保存的療法:安静  胸腔穿刺  胸腔ドレナージ

気胸になったら第一に行う治療法です。軽症の場合は数日間の安静で気胸が改善することもあります。

肺のしぼみ具合や病状経過により、胸腔穿刺(きょうくうせんし)(胸に細い針を刺して中に溜まった空気を抜きます)や胸腔ドレナージ(胸の中に鉛筆くらいの太さの管をいれて、肺から漏れてきた空気を持続的に抜きます)を行います。

手術

保存的療法で気胸が改善しない、気胸を繰り返す場合に行います。空気漏れの原因となった嚢胞の切除や、肺表面を破れにくくする補をします。通常は胸腔鏡(きょうくうきょう)手術で行います。

胸膜癒着(きょうまくゆちゃく)療法

胸の中にいれた管から自己血(患者さまご自身の血液)や薬剤を入れることで、空気漏れの部分を塞(ふさ)ぎます。

気管支塞栓(そくせん)療法

気管支鏡(胃カメラを細くしたもので気管支の中を見ることができます)を用いて、空気漏れの原因となっている肺に空気が入らないように、シリコンの栓(EWS)で気管支を塞ぎます。

イケメン病(肺気胸)は再発するか

イケメン病(肺気胸)は、基礎疾患の無い自然気胸でも、再発を繰り返す場合があります。それは反対側に起こる場合も多いです

自然治癒(もしくは胸腔ドレナージ術のみ)の場合、約50パーセントと非常に高い数値を示しています。胸腔鏡下手術の場合5 – 10パーセント、開胸手術の場合0.5 – 3パーセントであり、個人差はありますが、外科手術によって再発率が劇的に低くなりす。

予後の過ごし方

治療後も暫くは安静を要します。飛行機への搭乗(鉄道や自動車・バスでも峠越えなど)、管楽器演奏、スキューバダイビングなどは事前に医師の許可を得る事が望ましいです。

勿論、喫煙は厳禁ですし、咳はできるだけ我慢して、早めに鎮咳薬を服用する必要があります。1か月程度安定状態が続けば、運動も再開できるようになります。

Sponsored Link

まとめ

佐藤健も苦しんだ「イケメン病(肺気胸)」は、気胸は、それ自体で命を落とすことは稀です。ただ、漏れ出た空気が心臓やもう一つの肺を圧迫すれば、胸痛などのほか不整脈、血圧低下なども引き起こし、死に至ることもある危険な疾患です。

イケメン病(肺気胸)の治療法は、

・温存的療法

・手術

・自己血や薬剤を使い、空気漏れを塞ぐ方法

・シリコンの栓で気管支を塞ぐ方法

があります。

イケメン病(肺気胸)は再発することが多い病気です。自然治癒(もしくは胸腔ドレナージ術のみ)の場合、約50パーセントと非常に高い数値を示しています。

ですが、外科手術によって再発率が劇的に低くなるったという報告があります。

また、治療後も安静を要します。飛行機への搭乗や管楽器演奏、スキューバダイビングなどは医師の許可を得ることが望ましいです。喫煙は厳禁、咳はできるだけ我慢して、早めに鎮咳薬を服用する必要があります。

1か月程度安定状態が続けば、運動も再開できるようになります。

今、イケメン病(肺気胸)で苦しい思いをされている方々、どうか症状が緩和され、快方へ向かうよう心からお祈りしています。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました