" /> 箱根駅伝予選会2022ハーフマラソンコース?シード校と上位予想も! | あそれねブログ

箱根駅伝予選会2022ハーフマラソンコース?シード校と上位予想も!

Sponsored Link
スポーツ

箱根駅伝予選会2022の開催日が決定しました。また、過去2年間、周回コースでしたが、今年は3年ぶりに市街地を走ることになりました!

今年の箱根駅伝で上位となったシード校10校も紹介します。

箱根駅伝予選会2022、発表されましたハーフマラソンコースとは、どこをどのように走るのか、図解で確認してみたいと思います。それではご覧ください。

Sponsored Link
スポンサーリンク

箱根駅伝予選会2022ハーフマラソンコースとは?

第99回となる箱根駅伝予選会は、2022年10月15日(土)午前9時35分スタートと発表されました。

コースは、3年ぶりに市街地を走るコースです。やはり周回コースより、景色の変化を感じながら走るコースであれば選手の気分も高まるはずです。

陸上自衛隊立川駐屯地~立川市内~国営昭和記念公園までのコース。毎年恒例の「立川ハーフマラソン」で使用されているコースです。

わかりやすく図解でご紹介します。(実際の「立川ハーフマラソン」が行われた時刻が記載されています)

 

引用元:https://tachikawa-half.jp/pages/%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9-%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%82%B9

 

2020年、2021年はコロナ感染拡大防止の観点から、陸上自衛隊立川駐屯地内を周回するコースで行われ、一般公開もされませんでした。

今年は市街地を走るコースで開催となれば、沿道での応援(一般公開)も可能となるのでしょうか。期待が高まりますね^^

 

箱根駅伝予選会2022シード校&上位予想

箱根駅伝2023予選会の結果は以下のとおりです。

箱根駅伝2023の出場権を獲得しました。

■チーム結果

  1. 10:40:39  大東文化大学
  2. 10:41:41  明治大学
  3. 10:42:09  城西大学
  4. 10:42:29  早稲田大学
  5. 10:43:34  日本体育大学
  6. 10:46:18  立教大学
  7. 10:46:55  山梨学院大学
  8. 10:46:56  専修大学
  9. 10:47:03  東海大学
  10. 10:48:55  国士舘大学

立教大学55年ぶりの出場権獲得おめでとうございます!MARCHが揃いました!!

箱根駅伝予選会2022は第98回(2022年1月2日・3日)の上位10校が出場シード校となります。

優勝に返り咲いた青山学院を筆頭に、以下の10校がシード校です。

  1. 青山学院大学
  2. 順天堂大学
  3. 駒沢大学
  4. 東洋大学
  5. 東京国際大学
  6. 中央大学
  7. 創価大学
  8. 国学院大学
  9. 帝京大学
  10. 法政大学

箱根駅伝予選会2022では、各校10~12人が走り、合計タイムが早い上位10校が出場権を獲得します。

予選2022で上位タイムを獲得すると予想するのは、明治大、中央大です。それに続くのは中央学院大学、神奈川大も健闘するのでは、と思います。

Sponsored Link

箱根駅伝予選会2022ハーフマラソンコースとは?シード校&上位予想:まとめ

 

箱根駅伝予選会2022ハーフマラソンコースをわかりやすく図解でご紹介しました。

 

予選会2022は10月15日(土)に開催します。シード校10校と競うことになる10チームが決定する今回の予選会。予想どおりであれば、明治大、中央大が出場権を獲得することになるでしょう。

3年ぶりに沿道で熱い声援を送りたいですね!

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました