" /> ドコモからのメール、本物か偽物か見分ける方法!詐欺メールへの対処法! | あそれねブログ

ドコモからのメール、本物か偽物か見分ける方法!詐欺メールへの対処法!

ライフ

最近「ドコモお客様センターです。ご利用料金のお支払い確認が取れておりません。ご確認が必要です。」という内容のメールが突然来て、びっくりしたという話を聞くことがあります。

私の会社の同僚も数日前にそのようなメールを受け取って、どうしたらよいかと相談を受けました。

このようなメールが届いた場合、ドコモから来た本物のメールなのか、偽物なのかを見分ける方法とどう対処したらよいのか、対処法などをまとめました。

Sponsored Link

ドコモからのメール、本物か偽物か見分ける方法

まずドコモから届いたメールに「ドコモお客様センター」と書かれていた場合ですが、「ドコモお客様センター」という部署は実際には存在しません。正しくは、「お客様サポート」です。

なので、ドコモお客様センターと名乗った時点でまず、怪しいですね。

ドコモを装った不審なメール

ここ最近とくに、ショートメッセージサービス(SMS)からドコモを装った利用料金に関する不審な連絡(フィッシングSMS)を受けるという事例が発生しています。

 

利用料金の確認のため電話で連絡するように促す内容となっていて、記載された電話番号に連絡すると、ドコモの担当者を名乗る者から、氏名や住所などの個人情報を訊かれたり、ドコモの事務所が入居しているビルへ利用料金の支払いに来るように要求されたりするというものです。

 

注意していただきたいのですが、ドコモから利用客の方に、利用料金の確認のため電話での連絡を促すようにSMSで個別に連絡をしたり、ドコモの事務所が入居しているビルへ利用料金を支払いに来るようにお願いするなどということは一切ありません。

実際2021年9月7日付けで、ドコモ公式サイトでは、SMSを利用した詐欺メールに対し、注意喚起を呼びかける記事を更新しています。 → こちら

このようなSMSは詐欺メールと考えてよさそうです。

また、下記のような内容でフィッシングSMSを送信してくる事例にも注意してください。

  • 首里城再建支援金の寄付を募るような内容
  • 台風、地震などの大規模災害発生時に義援金を募るような内容
  • 送信元に電話番号が表示されたSMSでの各種ご連絡(一部のサービスを除く1
  1. 該当のサービスは以下のとおりです。
    ●dカード/dカードGOLDにおける「ご本人利用確認通知サービス」
    SMS送信元電話番号:0664453485

引用元:ドコモ公式サイト

ドコモを名乗るSMSを受信したときの対処法

ドコモを装ったこのようなSMSを受信された場合、リンク先URLへはアクセスせず、無視または削除するようにしてください。

フィッシングSMS本文のURLをタップすると偽のウェブサイトにリンクし、dアカウントのID、パスワード情報の入力を求められ、不正利用されたりします。

それだけではなく、クレジットカード情報を盗まれて不正利用される可能性があります。

フィッシングSMSを防ぐポイントは、

  1. おかしいと思う内容のSMSには対応しない。
  2. 表示のURLにアクセスする前に、ドコモ公式のURL化を確認する。
  3. 万が一アクセスしてしまった場合でも、個人情報を入力しない。
  4. 提供元が不明のアプリをインストールしない。

万一、フィッシングSMSを受信した場合、ドコモへの情報提供にご協力をお願いします。
ドコモでは、お客さまからいただいた情報を活用し、フィッシングなどの迷惑メッセージ送信者に対する利用停止/契約解除などの措置や、被害の低減、迷惑メッセージの撲滅に向けたさまざまな取組みを行っております。引用元:ドコモ公式サイト

身に覚えのない連絡を受信した場合や、個人情報を教えてしまったなど、不安な場合は最寄りの警察署にご相談ください。

 

Sponsored Link

ドコモからのメール、本物か偽物か見分ける方法!詐欺メールへの対処法!:まとめ

ドコモからのメール、本物か偽物か見分ける方法!詐欺メールへの対処法!に関してでした。

本来ドコモから個人情報を尋ねられたり、支払いを促したりするようなメールは来ません。

なので、そのようなメールが届いたらドコモに確認するのがよいでしょう。また、少しでもおかしいと思ったらURLにアクセスしないようにしてください。無視していただいて結構です。

万が一、個人情報を入力してしまった場合は、お早めに最寄りの警察署にご相談ください。

一人で判断しない、誰かに相談するというのも大切です。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました