" /> あいりん地区どこにある?物価が安いのはなぜ? | あそれねブログ

あいりん地区どこにある?物価が安いのはなぜ?

ライフ

大阪あいりん地区が今大きく変わろうとしています。JR新今宮駅を挟んだ北側に南海電鉄の訪日外国人交流施設や星野リゾートのホテルが建設されたりといったことで注目されているのです。

こちらでは、あいりん地区がどこにあるのか、物価が安いと言われていますが、ホントのところどうなのか、なぜなのかについてまとめました。

Sponsored Link
スポンサーリンク

あいりん地区どこにある?

あいりん地区は大阪のどこに位置するのでしょうか?また、「あいりん地区」と一言で言っても、それはどこからどこまでの範囲になるのか?

あいりん地区は、大阪府大阪市西成区の北部、西日本旅客鉄道・新今宮駅の南側に位置する寄せ場、および簡易宿所が集中する地区の通称である。愛隣地区とも表記され、旧来からの地名である釜ヶ崎とも呼ばれる。

引用元:ウィキペディア

地図でご覧いただくと、おおよそこのあたりの地域を指します。

近隣の宿泊施設では宿泊料金が安いため、外国からのバックパッカーの宿泊地として人気を集めています。そのことから、観光地としての一面もあわせ持っています。

ちなみに、「あいりん地区」という地名は「西成のドヤ街」とも言われたりするのですが、行政機関による行政区画としての正式名称ではありません。1960年代に行政機関と報道機関が作り出した造語です。

あいりん地区物価が安いは本当?

あいりん地区では物価が安いと聞きましたが、本当でしょうか?

一泊3000円とは、確かに安いですね。駅から近いというメリットも!

探せば一泊2000円や500円の宿もあるそうです。

お好み焼きは本場大阪なら安いところもたくさんありそうですが、230円で夕飯一食分とはありがたい安さです。

少し前のあいりん地区の自販機、今はそれほど安くないのでは、と思いましたが、最近でも安いようです↓

あいりん地区で自販機が50円というのは、かなり浸透しているようですね。たまたま数台の自販機がそのような安値でおかれているということではないようです。

あいりん地区物価が安いを検証

あいりん地区宿泊料金が安い理由

あいりん地区で宿泊料金やお好み焼き、自販機が安いというのは分かりました。それでは、なぜあいりん地区ではそのように物価が安いのでしょうか。

あいりん地区は日雇い労働者の多くが簡易宿泊所に宿泊していました。そのような人たち需要に合わせていたので設備やサービスより低料金での値段設定に特化していたものと思われます。

そんなわけで部屋は最低限の広さであったり、壁がたばこのヤニでき黄ばんでいたり、壁が薄く隣の声が聞こえる、などという不都合はあるようです。

ただし、あいりん地区の日雇い労働者たちは今は生活保護を受け、賃貸住宅で生活していると言われています。また、かつての日雇い労働者の人たちの高齢化も進み、その数は減って来ているという事情もあり、あいりん地区で暮らす人たちの層は変わりつつあるのではないでしょうか。

あいりん地区自販機が安いのは

自販機のドリンクが安い理由としては、マイナーなメーカーのドリンクが多いことや賞味期限が近いものを揃えていることなどが挙げられます。けれども、マイナーなメーカーのドリンクの中にUCCやBOSSなどもあるので、これを見つければかなりラッキーではないでしょうか。

Sponsored Link

あいりん地区どこにある?物価が安いのはなぜ?:まとめ

あいりん地区は大阪市西成区の一部、釜ヶ崎のあたりを指します。

物価が安いのは本当でした。なぜ安いのかについては、そもそもこの地区で生活していた労働者の生活レベルにあわせていたことが考えられます。

星野リゾートのホテルが完成し、今後この街がどのように変わって行くのか、気になります。

 

 

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました