" /> 高野フルーツバー閉店ライバル千疋屋の食べ放題と比較してみた | あそれねブログ

高野フルーツバー閉店ライバル千疋屋の食べ放題と比較してみた

フード

東京新宿「高野フルーパーラービル」5階にある高野フルーツバーが2021年3月31日をもって閉店するとの発表がありました。

SNS上では「大好きだったのに…ショックすぎる…」「信じられない」「どうしよう…最後に行っておかねば」と惜しむ声が相次いでいるそうです。

東京新宿なら高野日本橋なら千疋屋というように老舗の代表といえる2店です。高野フルーツバーと同じようなビュッフェスタイルが千疋屋にもあるのか調べてみました。

Sponsored Link

高野フルーツバー

1885年創業の果物専門店「新宿高野 新宿本店」の5階にあります。直営店ならではの新鮮な果物を揃え、ほかにもピザやオムレツなど充実したメニューが人気でした。

60分の食べ放題で大人2530円、
6~12歳1650円、
3~6歳1100円(全て税込み)です。
予約をする場合は、公式サイトから可能です。

千疋屋

一方の千疋屋は日本橋本店、池袋西武店で食べ放題が楽しめます。フルーツの他にもカレーやハッシュドビーフ、フルーツサンドイッチ、また各種飲み物をバイキング形式で提供しています。

ただし、12歳未満の方の入場はできません。お値段は高野フルーツバーよりお高いですね。こちらは時間制限がありません。また、男性のみの入店お断りといった縛りもないようです。

フルーツ20〜24種
本店:税込6,600円
池袋西武店:税込5,500円
ご予約:インターネット+電話受付

対象とする客層の年齢が高いからでしょうか。高野は新宿ですから、若い世代やファミリー向けと言えますが、日本橋や池袋西武店となれば、昔から百貨店で買い物をする比較的年齢の高い世代が一息つくのにふさわしいお店づくリを目指しているからかも知れませんね。

Sponsored Link

残念です

どちらも果物専門店として、世間に浸透している有名店です。高野フルーツバーの閉店はそれだけにショッキングな決定だと言えるでしょう。

これもやはり新型コロナウィルスの影響なのでしょうか。このように多くの人の憩いの場がなくなるというのは寂しいかぎりです。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました