" /> オズブルグさんはウズベキスタン出身のタレント夫の画像 | あそれねブログ

オズブルグさんはウズベキスタン出身のタレント夫の画像

オルズグルさんはウズベキスタン出身のタレントです。「着物プロジェクト」で見せた着物姿が艶やかで美しすぎますね。ひらがなに一目惚れしてから日本語を学び、結婚を機に日本に移住しました。

Sponsored Link

オズブルグさん、どんな人

ババホジャエヴァ・オルズグル(Babakhodjaeva Orzugl、1985年12月3日 – )ウズベキスタン共和国、タシケント生まれのタレント、文化人、連続起業家。 母子家庭で育ち、13歳で「ひらがな」に一目惚れし、14歳から大学で日本語を勉強。21歳で日本に移住。日本の大手物流企業での勤務後、ワイン輸入会社を立ち上げ、経営者が集うワイン会を主宰する傍ら、多くのテレビ番組に出演、明治ヨーグルトR1などのCMにも出演。旅行ガイドブック(地球の歩き方中央アジア編 2019/2020)の編集に参画、グルメキュレーター、温泉ソムリエ、フードアナリスト2級、一般社団法人イマジンワンワールドKIMONOプロジェクト親善大使など多方面に渡り活躍。

趣味:温泉巡り、ワイン、登山、料理(特に和食が得意)。日本語能力試験JLPT N1を保有。漢字、敬語が得意。

”ウィキペディアから引用”

わずか14歳で大学に進学したそうですから相当優秀だったのでしょう。

在学中に勉強をしながら、現地で日本語の通訳やガイドを務めていたとき、仕事を通じて日本人の男性と出会いました。

それが、現在のご主人です。

ウズベキスタンで挙げた結婚式では、幼少期から憧れていた着物を、日本に住むご主人の親戚から取り寄せ、初めて袖を通したそうです。

着物に魅せられて

2019年、ラグビーW杯のオープニングセレモニーをオズブルグさんを中心とした着物を着た女性たちが華々しく飾りました。

きものを身につけると首が正しい位置に戻り、姿勢も良くなるー

女性の美を最も際立たせる衣裳」だと思ったオルズグルさんは、今も特別な日にはきものを着ます。

オズブルグさん夫の写真

主婦として夫を支えたいと日本に移住することを決めた大和撫子のようなオズブルグさんですが、ご主人は一般人であるようです。

また、画像は探すことができませんでした。

Sponsored Link

まとめ

オズブルグさんは日本語を愛し、着物を身に着け、そして日本の文化を日本人以上に理解し、精通して知ることがわかりました。

そんなオズブルグさんの着ずまいを少しでも見習いたいと思いました。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました