" /> 【オールドルーキー2話】炎上批判の理由は?イップス問題がやばい! | あそれねブログ

【オールドルーキー2話】炎上批判の理由は?イップス問題がやばい!

Sponsored Link
ドラマ

オールドルーキー炎上批判の理由は?イプサ問題がやばい!と題して、世間を騒がせている件についてまとめています。

オールドルーキーは綾野剛さんがサッカーを引退し、サラリーマンとして第2の人生を歩んでいくスポーツヒューマンドラマですが、1話の放送後SNSで批判が殺到、2話ではさらに炎上する事態に。

なぜオールドルーキーは炎上や批判をされるのでしょうか?2話の口コミや評価が低いのは、イップスの問題が原因だと思われます。

今回こちらでは、それらの疑問について詳しくまとめました。

こちらもあわせてご覧ください↓

オールドルーキーの子役明紗ちゃんの年齢は?家族構成デビューのきっかけ

Sponsored Link
スポンサーリンク

オールドルーキー炎上批判の理由は?

7月3日放送のオールドルーキーの2話は、スケボー天才少女のマネジメント契約をめぐり、ライバル会社と競合するくだりと並行して、梅屋敷(増田貴久)が担当するプロゴルファーのスランプの問題を取り上げていました。

塔子(芳根京子)とバディを組む亮太郎(綾野剛)はスケボーで世界を目ざす9歳の少女の本当の気持ちを察して、自社の利益より少女の望みを叶えることを優先します。

結局、ビクトリーは大手マネジメン会社と共同契約となります。

そして、2話を視聴した方たちが一番腹を立てた場面は、プロゴルファーが愛犬を亡くし、イップスの陥っているくだりでの梅屋敷の対応のひどさについての批判です。

 

\見逃してしまったドラマはこちらでお楽しみいただけます!/

Paravi

オールドルーキー イップスとは?批判の声

梅屋敷は担当するプロゴルファーがスランプで苦しんでいるのは、ペッとの死が原因(※イップス)であることを知って、「ペットが死んだくらいで……」とあっさり切り捨てます。それを社長に報告し、「もう復活のみこみはないから契約を解消するべき」と助言します。

※イップス=スポーツ選手、特にゴルフの選手の場合によく言われますが、集中すべき局面において極度に緊張すること。また,そのために震えや硬直を起こすことを指します。イップス病。〔子犬が吠える意味の yip が語源〕

違和感を覚えたのは、スポーツマネジメント会社であり、少なくともそれで成功している会社でありながら、イップスに対して無知であることです。

まるで、ど素人の反応のようで、少なくともスポーツ選手をマネージメントする立場の人間の言葉とは思えませんでした。

 

イップスの問題は根深く、そう簡単に代替品でどうなるということではないということです。それに、ペットをまるで道具のように扱っているという印象が拭えませんでした。

むかしむかし、おじいさんとおばあさんが……の昔話に共通するくらい短絡的で残念なラストでした。

そして、ゴルフ場にペットを連れ込んだことで梅屋敷さんが注意されるって、茶番もいいところでしたね。

オールドルーキーはなぜひどいダサいと言われる?面白くないor面白い?

 

私はふと、以前ガクトさんが愛犬を亡くし、寂しがっている知り合いの奥さんに自分の犬をプレゼントしていたこと、その様子を動画にして放送されていたことを思い出しました。

愛犬を物として扱っているような印象を受け、いい気がしませんでした。その時のSNSの反応をいくつかご紹介します。

\見逃してしまったドラマはこちらでお楽しみいただけます!/

Paravi

Sponsored Link

オールドルーキーイップス問題口コミ評価がやばい!:まとめ

オールドルーキー炎上批判の理由については、イップスに対する関心の低さ、結末が雑、命をものとして捉えている、といったような批判が多かったようです。

2話までの放送で、否定的な感想が多いため、今後の放送についてやや心配になってきました。オールドルーキー面白い!好き!と高評価の方の意見もありますが、圧倒的にマイナス要素のほうが多く伝わってきます。

さて、オールドルーキー3話はSixTONESの田中樹(たなかじゅり)さんがマラソンランナーとして登場します。

マラソンの指導を青山学院大学陸上部の指導を受けたということですから、リアリティの感じられる放送回になるのでは、と期待しています。

 

\見逃してしまったドラマはこちらでお楽しみいただけます!/

Paravi

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました