" /> povo【KDDI】トッピングの種類はこちら!今後増えるトッピング | あそれねブログ

povo【KDDI】トッピングの種類はこちら!今後増えるトッピング

グッズ

2021年3月にスタートしたKDDI「povo」ですが、9月下旬に値下げをするとの発表がありました。

これまでの「povo」は「povo1.0」とし、「povo2.0」に代わります。

20GBで2728円だった基本料金を撤廃して、基本料金は0円とすることとし、さらに、利用者が自分に必要な容量や期間などを自由にその都度、選択できる仕組みにすることとしました。

こちらのページでは、変更により新しく加わったトッピンなどその種類や今後増えるトッピングについてまとめました。

Sponsored Link

povo【KDDI】トッピングどれだけ種類がある?

トッピングとは、オプションのことを言います。

新たにラインナップするトッピングはこちらです。

■データトッピング

トッピング名 料金
データ使い放題/24時間 330円(300円税抜)
データ1GB (7日間) 390円(355円税抜)
データ3GB (30日間) 990円(900円税抜)
データ20GB (30日間) 2,700円(2,455円税抜)
データ60GB (90日間) 6,490円(5,900円税抜)
データ150GB (180日間) 12,980円(11,800円税抜)

1ヶ月に換算すると20GB使えて2163円。楽天モバイル(20GB:2178円)よりもわずかながら安いことがわかります。

あまり使わない人向けのトッピングも用意されているのがうれしいですね。 例えば、3GBであれば990円というトッピングがあります。こちらはソフトバンク系LINEMOと同料金で、お得なプランとなっています。

また、Wi-Fi環境でなく、データ容量を消費することがわかっている場合などは1日だけデータ通信が使えるトッピングが有効ですね(^^)

■コンテンツトッピング

DAZN使い放題パック(7日間) 760円(691円税抜)
smash使い放題パック(24時間) 220円(200円税抜)

 

■通話トッピング

5分以内通話かけ放題 550円/月 (500円税抜)
通話かけ放題 1,650円/月 (1,500円税抜)

 

povo【KDDI】新しいサービス「ギガ活」

新しいpovoでは「ギガ活」というサービスも開始されます。ローソンや飲食店などで買い物や食事をすると、データ容量がもらえます。

まるでポイントのようにデータ容量を貯め、スマホの通信に利用できてしまうという仕組みです。

povo【KDDI】今後増えるトッピング

 

9月29日9時から提供開始の新トッピングはこちらです。

「スマホ故障サポート」

月額830円で購入できます。Android端末が故障や破損、水没したときに端末の交換ができるようになります。

KDDIによれば、auとUQ mobileで取り扱っている端末であれば、交換端末は同一機種で同一色ノリフレッシュ品になります。万が一、それが用意できない場合は、au側で指定された同等レベルの他モデルとなります。

交換時の負担額は、iPhoneが一回に月満2900円。Androidの場合は、1回目の交換が5500円、2回目が8800円。なお、交換を申し込めるのは1年間に2回までとなっています。

Sponsored Link

以上、povo【KDDI】トッピングの種類はこちら!今後増えるトッピングについてまとめました。

料金やデータ容量に関して、かなり変更となりました。ユーザーにとって、果たして本当に使いやすく変わったのか、これからも注目していきたいと思います。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました