" /> ブルーインパルス海上自衛隊の国際観艦式2022に参加!飛行時間は? | あそれねブログ

ブルーインパルス海上自衛隊の国際観艦式2022に参加!飛行時間は?

Sponsored Link
イベント

ブルーインパルスが海上自衛隊の国際観艦式2022に参加することが発表されました。

国際観艦式は無観客で行われるのですが、ブルーインパルスの展示飛行を眺めることはできそうなのが嬉しいですね。

そこで気になるのが、ブルーインパルスの飛行時間についてですね。

こちらの記事では、ブルーインパルスの飛行時間や海上自衛隊の国際観艦式2022の概要などをまとめています。

Sponsored Link
スポンサーリンク

ブルーインパルス海上自衛隊の国際観艦式2022 参加

海上自衛隊観艦式2022は、11月6日(日)に行われます。

令和4年に海上自衛隊が創設70周年迎えたことを記念し、今年予定されていた3年に1度の「観艦式」を「国際観艦式」として開催することになりました。

国際観艦式は20年ぶりの開催となるそうです。

参加規模は、海上自衛隊から艦艇20隻、航空機6機、陸上自衛隊から航空機5機と、輸送艦に積載する車両等、航空自衛隊からブルーインパルスを含む航空機16機です。

このほか、海上保安庁の巡視船1隻が参加します。

海外からは、オーストラリア、ブルネイ、カナダ、インド、インドネシア、マレーシア、ニュージーランド、パキスタン、シンガポール、タイ、イギリス、アメリカの外国海軍等計12か国の艦艇18隻も参加予定です。

さらに、アメリカ海軍機及び海兵隊機から航空機5機も参加予定です。

参加国と参加艦艇の情報です。

今回の国際観艦式は、コロナ禍との理由で残念ながら無観客での開催です。

ただし、観艦式開催前後の10月29日〜13日にかけては、「フリートウィーク」があります。「フリートウイーク」では、横須賀や横浜、木更津、船橋、東京(国際クルーズターミナル)などで、艦艇の一般公開や音楽演奏、広報イベント、パレードなどなど参加者が海上自衛隊の隊員と関わりながら存分に楽しめるイベントが盛りだくさんです。

艦艇公開などに積極的に参加して楽しんでみててはいかがでしょうか。

各イベントの詳細は、随時ホームページで公表されます。気になる方は、ホームページをチェックしてみてください。

早速、フリートウィークに参加された方が感想などをSNSにアップしてくださっています。

ブルーインパルス国際観艦式2022の展示飛行/時間

展示飛行のため浜松基地に向かうパイロットの皆さんです。

ブルーインパルス海上自衛隊の国際観艦式2022飛行時間

ブルーインパルスが国際観艦式参加に向けて準備をしていることは分かりましたが、飛行時間に関する情報は今のところ公開されておりません。

国際観艦式を明日に控えた5日の時点でもブルーインパルスの飛行時間の情報が確認できません。

ちなみに、国際観艦式のYou Tube配信は6日10:20〜となっています。

随時チェックして、情報が分かり次第追記します。

なお、国際観艦式のブルーインパルスの展示飛行飛行エリアは、相模湾周辺です。

ブルーインパルスが見れるのは、一般的に会場を中心に約10キロの範囲です。ブルーインパルス展示飛行の観覧場所をご検討ください。

Sponsored Link

ブルーインパルス海上自衛隊の国際観艦式2022に参加!飛行時間は?:まとめ

ブルーインパルス海上自衛隊の国際観艦式2022に参加することが分かり、観艦式は一層賑わいを見せてくれることでしょう。

なお、国際観艦式の様子は「海上自衛隊公式 You Tubeチャンネル」で配信される予定です。こちらも是非チェックしてみてくださいね。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました