" /> 山崎育三郎の兄山崎令二郎のプロフィールと経営する会社を紹介! | あそれねブログ

山崎育三郎の兄山崎令二郎のプロフィールと経営する会社を紹介!

ミュージカル界の「プリンス」と言われる山崎育三郎の兄がテレビ初登場!23歳で起業したという山崎四兄弟の次男のイケメン社長についてお伝えします!

Sponsored Link

山崎育三郎の兄は二人いて次兄の名前は令二郎

山崎育三郎は4人兄弟で自身はの3番目です。2番目の兄、令二郎氏が今回テレビ初登場(テレビ朝日あいつ今何してる?』となります!

山崎育三郎の兄山崎令二郎のプロフィール

名前 : 山崎 令二郎(やまさき れいじろう)
生年月日 :1983年生まれ (37歳または38歳)
出身地 : 東京都港区高輪
卒業高校 : 東京都立小山台高等学校
卒業大学 : 不明
留学経験 : ニュージーランドへ2年間ラグビー留学
現在の役職 : 株式会社アールキューブ 代表取締役CEO

●趣味はなに?
子育て。1歳と0歳の2児の父です。朝お風呂に入れています。

●応援したくなる女性は?
胸を張って姿勢よくさっそうと歩いている人。次の予定がある感じで。カッコいいなと思います。

※ プレジデント ウーマン 2015年10月号から引用

当時1歳と0歳だったお子さんは現在6歳と5歳ですね。イクメンぶりも素敵です。

山崎育三郎の兄山崎令二郎は会社社長

山崎令二郎は留学先のニュージーランドから帰国するタイミングで、ある現地企業の社長に頼まれ、日本でその企業製品の販売をすることになったのがビジネスマンとしての出発点。

当時その会社は日本での取引先を持っていなかったため、たったひとりで販促物の翻訳から、企業のホームページ作成までをこなしながら売り歩いたという努力家です。

日本での取引が軌道に乗り始める頃合いをみて、その会社を離れ、程無くして自ら事業を起こすことに。このときもひとりだったそうです。

2006年音楽家のイベント派遣をメインの業務とするアーティスト派遣事業を起業します。ご自身も幼少期にバイオリンを習っていたことや弟育三郎が音楽大学に進学していたこともあり、音楽家の世界は身近な存在だったそうです。

その頃にはまだ単なる営業先の一つだったブライダル業界。結婚披露宴にジャズミュージシャンであったり、ゴスペルの聖歌隊であったりを派遣していたそうです。単に取引相手だったブライダル業界でしたが、結婚式を取り巻く実態を知るうちにある疑問が湧き、それがブライダル事業へ転換するきっかけになったそうです。

結婚式というのは、一生に一回のイベントであることをいいことに
料金設定が不透明な部分があり、それがそのまま放置されているのが現状。
大手の業者に頼んでもオプションを付加することで、
挙式費用が加算してしまうことが多々あります。
このことに疑問を感じ、自分たちで100%お客様を想ったサービスをつくるべく、
ブライダル事業を本格的にスタートさせます。

「結婚するおふたりにとって必要なもの」だけを提案すること。
パートナーの業者の方にご協力いただき、不必要な部分の費用をできるだけカットすること。
集客方法も、できるだけ低コストかつ効果的であることに重点を置き、
もっとも無駄のない形で結婚式を提供できるようにすること。

それに加え、「会費婚」というモデルを取り入れていることが、
弊社のブライダル事業の最大の売りです。
「会費婚」というのは、御祝儀制ではなく会費制パーティーにすることにより、
出席者にも負担を少なく、かつ確実性を持って費用を募り、
新郎新婦への負担をほぼゼロで挙式・披露パーティーを実現させるというサービスです。
このサービスは、競合他社もほぼ存在せず、
他社との差別化、強みの部分となっています。

 ※「情熱社長」のインタビューから引用

会社名 株式会社アールキューブ
会社URL https://rcubeinc.com/
事業内容 「会費婚」等のブライダル関連事業
ブライダルに特化したキュレーションサイト「ハナコレ」の運営など、サービスも拡充。

Sponsored Link

まとめ

俳優山崎育三郎の2番めの兄の名前は山崎令二郎です。

アーティスト派遣事業から転換、ブライダル事業で新しい形の「会費婚」をというサービスを提案し、右肩上がりに成長している企業の代表取締役CEOです。幼少期にバイオリンを習っていたことやラグビーでニュージーランドへの留学経験を活かし、企業するというバイタリティ溢れるイケメン社長です。

経歴だけでなく、考え方や仕事に対する情熱においてもとても素晴らしい方ですね。

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました