" /> 濱田龍臣子役時代の代表作は?プロフィールについても調べてみた | あそれねブログ

濱田龍臣子役時代の代表作は?プロフィールについても調べてみた

Sponsored Link

子役で魅了したあの濱田龍臣くん

映画「記憶にございません」で主演の総理役中井貴一さんの息子役として、微妙な父親との関係を演じていた濱田龍臣くんは子役出身です。「どこかでみたな~」と思ったらすっかり大人になった彼でした!

当時、目のくりっとした一見女の子のようなルックスにハートを鷲づかみされた女性も多かったのではないでしょうか。その濱田龍臣くんのプロフィールや家族について調べてみました。

Sponsored Link

龍臣くんを有名にした代表作は

代表作は大河ドラマ「龍馬伝」で龍馬の幼少役や、実写版「怪物くん」で市川ヒロシ役を演じたことで注目されました。その後、演技だけでなく、某メーカーの洗剤のCMでは軽快な歌声も披露していました。

プロフィール、家族や特技について

本名:濱田龍臣 (はまだ たつおみ)

生まれ:千葉県

身長:174cm

血液型:A型

趣味・特技:サッカー、レゴ集め、けん玉、ガチャピンの顔モノマネ

好物:マグロ

好きな勉強:漢字の書き取り。「鬱陶しい(うっとうしい)」「豪放磊落(ごうほうらいらく)」などの難しい漢字が書ける。

家族:祖母、両親、14歳年下の弟(とってもかわいがっているとか)

マグロが好きすぎて、以前出演したはなまるマーケットの”おめざ”の一品にマグロをリクエストしたことがあるらしいです。朝からマグロを食べるとは、やはり本当に大好物なんでしょう。

子役になったのは、同居するおばあちゃんがエキストラをやっていたことがきっかけのようです。ルックスがかわいかったので、起用されたのでしょうね。

14歳下の弟くんのことは、溺愛しているそうです。確かにそれほど年が離れていたら、ある意味兄弟というより保護者的な立場にたってしまいそうですよね。抱っこやおむつ替えなどもしてあげたのしょうね。可愛いはずです。わかりますよ(フムフム)

彼女はいる?

さてそんな龍臣くんも、今年成人式を迎え、清潔感のある素敵な青年になりました。ふっくらしていた頬は、シャープに削ぎ落ちて、少年から大人へと変化していく経過の青臭さも感じさせる魅力的な俳優になりつつありますね。

恋もしたいお年頃でしょう。過去には春名風花さん、浜辺美波さんと噂になったことがあるようですが、現在は一般女性を含めお付き合いされている事実は確認できませんでした。

しばらくは「新恋人現れる!」なんて記事が出ないことを祈っています。

今は仕事が優先

最近は特に演技派で押してるみたいですが、以前みたいにばんばんメディアに出てほしいです。

直近では、高校生アスリートが戦国時代にタイムスリップするという「ブレイブー群青戦記ー」(主演:新田真剣佑、2021年3月公開予定)にも出演されています。

また、2021年7月公開予定の「ハニーレモンソーダ」では、Snow Manのラウール演じる主人公三浦界の親友高嶺友哉役で出演します。ラウール担も是非濱田龍臣くんに注目してください。

これからさらなる飛躍を期待したい俳優のお一人です。

濱田龍臣 | ORICON NEWS

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました