" /> セイコーゴールデングランプリ陸上2022東京/出場選手、注目は?結果速報! | あそれねブログ

セイコーゴールデングランプリ陸上2022東京/出場選手、注目は?結果速報!

国内

東京・国立競技場で5月8日に開催する「セイコーゴールデングランプリ陸上2022東京」に出場する選手についてまとめていきます。

日本陸連は順次、出場選手の発表をおこなっていきますので、こちらも随時更新していきます。

 

Sponsored Link
スポンサーリンク

セイコーゴールデングランプリ陸上2022東京出場、注目の選手

 

セイコーゴールデングランプリ陸上2022に出場が決定している選手はこちらです。東京2020オリンピック日本代表選手も多数エントリーしているので、個々のその後の成長に期待して観戦したいと思います。

男子100m

氏名 FAMILY/First 所属 生年月日 PB 21SB
桐生 祥秀 KIRYU Yoshihide 日本生命 1995/12/15 9.98 10.12
小池 祐貴 KOIKE Yuki 住友電工 1995/5/13 9.98 10.13
多田 修平 TADA Shuhei 住友電工 1996/6/24 10.01 10.01
デーデー ブルーノ DEDE Bruno セイコー 1999/10/7 10.19 10.19

(2022年4月8日現在)

引用元:セイコーGGP公式サイト
https://goldengrandprix-japan.com/2022/news/article/15961/

※PB(Personal Best):自己記録
※SB(Season Best):シーズンベスト

なお、今後も出場選手が決定・追加されます。

男子110mH

氏名 FAMILY/First 所属 生年月日 PB 21SB
泉谷 駿介 IZUMIYA Shunsuke 住友電工 2000/1/26 13.06 13.06
村竹 ラシッド MURATAKE Rachid 順天堂大学 2002/2/6 13.28 13.28
高山 峻野 TAKAYAMA Shunya ゼンリン 1994/9/3 13.25 13.37

(2022年4月8日現在)

引用元:セイコーGGP公式サイト
https://goldengrandprix-japan.com/2022/news/article/15961/

日本記録保持者である泉谷駿介選手は今大会でも注目です。村竹、高山選手も泉谷選手に続く好タイムの自己記録をマークしていますから、期待したいですね。

男子400mH

男子400mHには東京2020オリンピックで準決勝進出を果たした山内大夢選手がさらに上を行く成績をあげられるのか、コンディションに注意して臨んで頂きたいですね。

氏名 FAMILY/First 所属 生年月日 PB 21SB
黒川 和樹 KUROKAWA Kazuki 法政大学 2001/6/17 48.68 48.68
山内 大夢 YAMAUCHI Hiromu 東邦銀行 1999/8/24 48.84 48.84
安部 孝駿 ABE Takatoshi ヤマダホールディングス 1991/11/12 48.68 48.87
豊田 将樹 TOYODA Masaki 富士通 1998/1/17 48.87 48.87
岸本 鷹幸 KISHIMOTO Takayuki 富士通 1990/5/6 48.41 49.29

(2022年4月8日現在)

引用元:セイコーGGP公式サイト
https://goldengrandprix-japan.com/2022/news/article/15961/

 

女子100mH

女子100mHには2021年に12秒87の日本記録を共に樹立した寺田明日香、青木益未両選手が出場します。お互いが良い刺激となって、今大会で日本記録更新となるか、こちらもまた、楽しみです!

氏名 FAMILY/First 所属 生年月日 PB 21SB
寺田 明日香 TERADA Asuka ジャパンクリエイト 1990/1/14 12.87 12.87
青木 益未 AOKI Masumi 七十七銀行 1994/4/16 12.87 12.87

(2022年4月8日現在)

引用元:セイコーGGP公式サイト
https://goldengrandprix-japan.com/2022/news/article/15961/

※PB(Personal Best):自己記録
※SB(Season Best):シーズンベスト

今大会は、ワールドアスレティックスが主催するワンデイ大会のグローバルツアーの「ワールドアスレティックスコンチネンタルツアーゴールド」として開催します。

なお、今後も出場選手が決定・追加されますので、その都度、記事更新していきます。

 

男子3000メートル障害

男子3000メートル障害には、東京オリンピック2020で49年ぶりの決勝進出という快挙を果たし、7位に入賞した三浦龍司選手が参戦します。

8分9秒92の日本記録保持者が今大会ではどのようなレースを見せてくれるのか、今からワクワクしますね。

 

氏名 FAMILY/First 所属 生年月日 PB
三浦 龍司 MIURA Ryuji 順天堂大学 2002/2/11 8:09.92
山口 浩勢 YAMAGUCHI Kosei 愛三工業 1991/8/19 8:19.96
青木 涼真 AOKI Ryoma Honda 1997/6/16 8:20.70

(2022年4月8日現在)

引用元:セイコーGGP公式サイト
https://goldengrandprix-japan.com/2022/news/article/15961/

女子1500メートル

女子1500メートルには、東京オリンピックで日本人初の8位入賞を果たした田中希実(22)選手がエントリー。東京オリンピックでの8位入賞は記憶に残る快挙でしたね。

田中希実選手は1500メートルだけでなく、1000メートル、3000メートルと3種目の日本記録を持つランナーだけに国立競技場で再度、快走を見せられるのか注目です!

田中希実選手は、2022年1月の都道府県別対抗女子駅伝で兵庫都道府県全国女子駅伝に兵庫県チームで出場。絶対的なエースである田中選手、1区で快走しましたが、石川県の五島選手を抜くことができず、区間2位でした。

【全国都道府県対抗女子駅伝2022】《速報》区間賞と記録(タイム)、優秀選手

 

氏名 FAMILY/First 所属 生年月日 PB
田中 希実 TANAKA Nozomi 豊田自動織機 1999/9/4 3:59.19
卜部 蘭 URABE Ran 積水化学 1995/6/16 4:07.90

 

Sponsored Link

セイコーゴールデングランプリ陸上2022東京出場注目選手、結果速報!:まとめ

セイコーゴールデングランプリ陸上2022東京出場選手について、現時点で分かっているエントリー選手をまとめました。今後も追記していきます。

アスリートたちの活躍に今からワクワクが止まりません^^

セイコーゴールデングランプリ陸上2022東京チケット情報はこちらで詳しくまとめています!

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました