" /> クリスマスツリー飾り物の意味と飾る期間いつからいつまで? | あそれねブログ

クリスマスツリー飾り物の意味と飾る期間いつからいつまで?

12月の大イベントといえば、間違いなくクリスマスですよね。子供たちだけでなく、大人の私たちも心が踊るイベントです。

家族、友人、恋人同士でお祝いするクリスマスを演出してくれるのが、なんといってもクリスマスツリー。

ただなんとなく毎年飾っているクリスマスツリーの飾り物、オーナメントですが、そのひとつひとつにちゃんと意味があるんです。

今回はそのクリスマスツリーの飾り物の意味についてとクリスマスツリーを飾る期間についてまとめました。飾りはじめ、片付けのタイミングの参考にご覧ください。

 

Sponsored Link

クリスマスツリーの飾り物(オーナメント)の意味

クリスマスツリーに使われる木は、常緑樹であるもみの木が一般的です。三角形に枝を広げる特徴から、頂点をイエス、底辺の部分を人間たちを表していると伝えられました。

そして、クリスマスツリーの飾り物(オーナメント)には次のような種類があります。

てっぺんの星

クリスマスツリーの一番上に付いている星は「ベツレヘムの星」と言い、キリストが生まれた時に1番光り輝いた星を表しています。

キリストが生まれた時に、強く輝いた星を見た東方の賢者は「救いの主が現れた」ということを悟り、星の光に導かれるかのようにキリストの生誕地「ベツレヘム(現在のパレスチナ)」へと向かいました。

賢者をキリストの元へ導いた「希望の星」として、クリスマスツリーの頂点に飾られるようになりました。

 

りんご、玉

アダムとイブが食べてしまった禁断の伝説からきています。知恵の象徴を指します。

赤りんごが多いですが、金や銀色のものもあります。リンゴではなくりんごと同じくらいの大きさの玉を飾るケースもあります。

 

キャンディケーン

ケーンは「杖」という意味があり、羊飼いが使う杖を意味しています。

キリスト教では神を羊使い、人間を羊にたとえ、羊飼いが羊(人間)を正しく導く存在としてイエスを示しています。

 

ベル

救世主であるキリストの誕生をベルを鳴らし、知らせたとされています。

 

柊の葉

イエスが処刑されるとき、十字架にかけられる前にいばらの冠を被らされました。

キリスト教のヒイラギは、いばらを象徴しています。セットになっている赤い実はイエスが流した血を表しています。

柊の葉はとげとげしていることから、魔除けの意味もあります。(同じように日本では、節分のときに玄関先に魔除けとして、柊の葉を飾りますよね)

 

靴下

サンタクロースのモデルになった、聖ニコラウスの伝説がモチーフになっています。

聖ニコラウスが貧しく、くらしに困っていた家に金貨を投げ入れました。その金貨が暖炉脇に飾られていた靴下にたまたま入ったので、プレゼントは靴下に入っているという伝説が生まれました。

 

松ぼっくり

家族との強い絆という意味があります。

 

クリスマスツリーを彩る色の意味

クリスマスカラーである色にもその意味が込められています。

 

  • 赤色:キリストが十字架で流した血  → 神様による愛
  • 白色:雪の色  → 純潔、平和、始まり
  • 緑:常緑樹 → 枯れない命、永遠
  • 金・銀色 → キリストの気高さ、豊かさ

 

クリスマスツリーを飾りたいけど、場所がない、省スペースで飾れるクリスマスツリーはないかとお探しでしたら、壁掛け(タペストリー)はいかがですか。赤ちゃんがいて飾るのもどうかというご家庭で重宝されています。階段の踊り場に飾るなんていう使い方もできますよ。

 

 

クリスマスツリー飾る期間 飾り始めと片付け

日本では、クリスマスが終わった12月26日には早々に片付ける機運がありますよね。すぐにやってくるお正月の準備や大掃除でいそがしくなりますから。

ところが、欧米では、翌年1月6日までクリスマスイベントが続きます。

欧米では、クリスマスの4週間前の日曜日からクリスマス前までが準備期間。

12月25日から1月6日までがクリスマスとなります。

そういえば、ご近所に住んでいるイギリス人のご家庭では、毎年12月26日以降も玄関先のクリスマスツリーが飾られていました。

1月6日までクリスマスツリーを飾っていてもいいわけですね。

Sponsored Link

クリスマスツリー飾り物(オーナメント)の意味と飾る期間!飾り始めと片付け:まとめ

クリスマスツリーの飾り物(オーナメント)の意味をご紹介しました。それらの意味を知った上でクリスマスツリーに飾り付けをすると、クリスマスに向けて、より気分も盛り上がりそうですよね。

小さなお子さんがいるご家庭では、そういった意味を伝えながら飾り付けを楽しんでいただけたらと思います。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

Sponsored Link

コメント

タイトルとURLをコピーしました